学科紹介
Department

mietan

食物栄養学科

新着情報 

「三重とこわか国体」弁当完成に向けて奮闘中!! (2021年6月3日)

食物栄養学科では、昨年度より国体選手の皆さんへ提供する弁当メニューの考案に取り組んできました。昨年度先輩の考えた弁当メニューを受け継いで、今年度は栄養価計算のほか、おしながきとパッケージデザインの作成に取り組んでいます。
2021年5月20日に2度目の弁当試作品の検討会が開かれました。味付けはもとより、弁当全体の味付けのバランス、ボリューム、彩りやおかずの配置など、最終の検討を行いました。

食物栄養学科の学生として、自信をもって国体選手の皆さんに満足いただける弁当をお届けできる日は間近です。どうぞお楽しみに!!

三重とこわか国体・とこわか大会 津市実行委員会HPはこちら

 

高校部活動栄養サポート継続中♪ (2021年5月13日)

津東高校男女ハンドボール部に対する栄養サポートを月1回のペースで実践中です。その様子は、中日新聞や津市の広報誌にも紹介されました。
3月は、定例の体組成測定に加えて、部員一人一人の食事調査の解析結果を返却して、改良点を紹介しました。また、高校生が食事のことで疑問に思っていること、知りたいことをアンケートで調査しました。

4月は、新入部員も加わりました。体組成測定、食事調査の実施に加えて、前月のアンケートで最多得票の「身長を伸ばすにはどうすれば良い?」の質問に対して、知識満点の回答レターを配付しました。大学に戻って食事調査の解析も行います。学生、たくさんの解析頑張って!
部員の皆様、顧問の先生方、いつもご協力ありがとうございます。今後の県大会を勝ち抜き、東海大会に進めるよう、一同応援しています!

 

介護食コンテストで優秀賞を受賞しました  (2021年5月11日)

2年生の菅沼直子さんが、第1回ナリコマpresents介護食コンテストで優秀賞を受賞しました。
郷土料理の介護食メニューをテーマに、高齢者の方の食べやすさに配慮した「伊勢うどん」のメニューを考案されました。伊勢うどんは三重県の郷土料理です。
それぞれの食材への調理法に食べやすくするための工夫があり、大根をかぶら蒸しにアレンジする等の独自性や、食形態だけでなくたんぱく質摂取に着眼している点も高評価につながりました。

 

2021年卒業生の栄養士養成施設協会表彰  (2021年3月31日)

2021年3月卒業生の井口瑞貴さんが、栄養士養成施設協会より表彰されました。井口さんにお話しを伺いました。

Q.2年間振り返ってどうでしたか?

A.あっという間の2年間でしたが、仲間や先生方に恵まれて充実した学生生活を送ることができました。

Q.在学中に特に印象に残っていることはありますか

A.2年生の前期が、新型コロナウィルスの影響で遅れてスタートし、それによって学校の講義と校外実習の時期が重なったことがとても大変でした。
でも乗り越えたときの達成感がとても大きかったです。

Q.卒業後の進路について教えて下さい。

A.卒業後は津市内の病院に勤務することが決まっています。津市は私の地元でもあるので地域の医療に貢献していきたいです。

 

津市榊原地域との連携事業の取り組み (2021年3月5日)

  

 

食物栄養学専攻では 、三重短期大学地域連携センター地域連携事業として、榊原地域農泊推進協議会の皆様と津市榊原地域の魅力創出のための調査研究に取り組んでいます。
現在は、榊原地域の食メニュー及び特産品に向けた研究を中心に行っています。詳細は、生活科学研究会紀要(大学ホームページ学術機関リポジトリに3月下旬掲載予定)をご覧ください。

写真は、食メニュー検討会での試作、及び実際に提供した郷土料理の数々です。

 

2021年3月卒業予定の学生の4年制大学への編入実績 (2021年1月14日)

2021年3月に卒業予定の食物栄養学専攻の学生の4年制大学への編入合格者数は5名です。詳細は下記のとおりです。(2021年1月14日現在)

<国公立大学>
島根県立大学 看護栄養学部 健康栄養学科 1名
島根大学 生物資源科学部 生命科学科 1名
香川大学 農学部 応用生物科学科 1名

<私立大学>
武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養科学科 1名
兵庫大学 健康科学部 栄養マネジメント学科 1名

 

※過去の情報は「食栄とぴっくす」をご覧ください

 

食物栄養学科 食物栄養学専攻 (定員50名) 

 地域の「食育の拠点」をめざす

ページトップ

ミエタン☆ナビ

■検索キーワードから探す